読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

h-tg2’s diary

日々の雑感、投資、アートなど色々

全天周映画の迫力に驚いた

家族で湘南台文化センターこども館へ行ってきたのですが、

そこでプラネタリウムを鑑賞しようということで、一番早く入場できるプログラムの入場券を購入。

プログラムは・・・、

秘密結社鷹の爪THE PLANETARIUM ジュラジュラジュラシックトラベル」

f:id:h-tg2:20160924204825p:plain

(写真は湘南台文化センターこども館HPより拝借いたしました)

http://www.kodomokan.jp/planetarium_movie.html

特に疑問も持たず、恐竜と星空のコラボレーションかしら?なんて思いながら家族で入館しました。

 

その内容は・・・!

世界征服をもくろむ鷹の爪団が、より良い眠りを求め、羽毛布団をつくるための羽毛を探しにジュラ紀へとタイムマシンで移動し、恐竜たちに驚き、感動、危ない目に遭いながらも冒険する、という内容でした。

 

360℃全天周映画に映し出される恐竜達は大迫力で驚きました。臨場感も素晴らしく、岩崖から落ちていく感じは、椅子は動いていないながらも、本当に落ちているような感覚!

鷹の爪団のコアな笑いも挟みながらの展開。

 

面白い!!!

 

 

とそこで・・・

 

え?

 

星空は?

 

残念ながらありませんでした^^;

 

 

最後に、星空はちらっとも出てくるのかなーと期待してみましたが、結局ありませんでした^^;

 

どうやら、全天周映画を満喫するため&普通のプラネタリウムにも飽きちゃった人のためのプログラムだったようです。

 

でも

 

この全天周映画というものを初めて体験し、ものすごい臨場感に驚きました。

書いているだけではなかなか伝わりにくいので、ぜひ一度体験してみてください!といった感じです。

 

ちなみに、こども館のプラネタリウムプログラムとしては、この映画と普通の星空観察のプログラムを交互にやっているそうなので、時間に余裕がある方はどちらも楽しんでみるのも良いと思いますね^^

 

いやー面白かったです。