読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

h-tg2’s diary

日々の雑感、投資、アートなど色々

地震に備える

熊本の震災の記憶も新しい今日この頃ですが、、、

地震大国日本において、備えあれば憂いなし、ということでぼちぼち防災グッズを備えてます。

まず、お決まりのアルファ米、缶詰パンと水

 <食料&水>

アルファ米

●缶詰パン

 調べていると、25年保つ!という災害食もあり、驚いた。一定の温度で保っておいて、25年という事らしいけどね。

 

 

 

それから、念のため医療品セット

<医療品セット>

●三角巾

●ガーゼ

●包帯

●アルコールスプレー

●アルコールウェットティッシュ

●絆創膏

●タオル

 

あと、調理関連品

<調理関連品>

●カセットコンロ カセットガス

●金属の軽いコップ(もし家が倒壊して移動しなければならない場合、陶器のコップを

持っていくのは難儀です)

●金属またはプラスチックの軽いお皿

サランラップ(お皿をいちいち洗うのが面倒なときは、サランラップを敷いてそれにのせて食べれば便利!)

ちなみに、家で避難生活をする場合、プロパンガスならばカセットコンロはいらない場合もあるけど、地震の大きさによっては、ガス管が破損してしまい、使えない場合もあるので、あったら良いでしょう。

 

金属のコップやお皿は、アウトドア商品を探せば色々と出てきて面白い。

 

 

 

EPI(イーピーアイ) アルミ6点食器セット C-5307

EPI(イーピーアイ) アルミ6点食器セット C-5307

 

 

それから照明関係

<照明>

●ろうそく

●懐中電灯

 

大体そんなもんだとは思うけど、

東日本大震災のときは3月で非常に寒い時期だったこともあり、ストーブがあったらいいなと思ったものです。ただ、普段ストーブを使わない場合には、震災時に灯油ないけど?みたいなよく分からない状態になるので、カセットガスストーブがあると良いかも。

 カセットガス一本で約3時間持つらしい。カセットガスは調理でも使う必要があるので、極力つけるのを我慢することにはなりそうだけど。

 

他に、避難場所に逃げることになったときには、寝袋が入るリュックなどもあれば良いのかな。

 

他にも必要なものがあるなら追記しておこうと思う。

 

ブログって便利♪